×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シフォン チュニック 特徴

-スポンサードリンク-

シフォンチュニックの商品一覧

シフォン【chiffon】とは、極めて薄手の平織生地のこと。縦糸緯糸とも強撚(きょうねん)をかけた、同じ太さの細い片撚りの生糸を用いて粗めに織りあげた織物を指します。非常に薄地で軽く、やわらかい地の透けて見える絹織物で、女性に人気の生地です。元来は絹を用いていましたが、今ではシルクテイストの素材が主流となっています。

シフォン生地は、その上品さが珍重され、イブニングドレスやボリュームスカートなどに用いられます。縦糸か横糸のどちらかに金糸や銀糸を織りいれたり、いずれかの糸を太めにして生地の風合いに変化をもたせたりしたものもあります。また、遊びの利いたシフォンもあり、プリント柄のカジュアルユースも増えています。

シフォンのように薄く透き通ったたとえを使い〔シフォン・ジャージー〕〔シフォン・ウール〕〔シフォンタフタ〕〔シフォン・ベルベット〕と、形容詞的に使われることもあります。

シフォンの特徴はなんといってもひらひらしたかわいらしさを持っていることです。透け感があったり、フレア感があることで、カジュアルな着こなしが一気に華やかになったりします。また衿、ヨーク、袖口や裾部分、ボリューム感たっぷりの袖口などが着こなしのポイントになる事もあります。 シフォンワンピースを選ぶ際などは、裏地が透けないようにしてあるかどうかがチェックポイントになります。ひらひら感を出すためには、当然軽い素材が必要ですが、それでも逆に透けないように工夫してるかどうかは大きなポイントになるようです。


⇒シフォンチュニックの商品一覧へ

ハンドメイドチュニックの魅力

部屋着やちょっとした外出などにもきることが多いハンドメイドチュニックですが、それ以外にも素材やデザインを変えるだけで、かしこまった席にもOKなチュニックワンピースとしてもきることができます。デザインは同じでも素材が違うだけで、見た感じやきた感じもだいぶ変わりますね。

ハンドメイドのチュニック、春先や夏はチュニックの季節です。チュニックはお子さんだったらそのままワンピースでもいいですし、下に今はやりのミニパンツをはかせるのも、子供らしくてかわいいですね。年代に関係なく着こなしで変化させることが出来るということがチュニックのいいところですね。

私はシフォンを色の感じを変えて2色の色でハンドメイドチュニックを作りました。シフォンチュニックはかなり重宝しました。下にジーパンをはいたり、スパッツを合わせたり、色々なシーンで大活躍してくれました。チュニックは、キャミソールとあわせることで、かなり違った着こなしができますよ。

ハンドメイドチュニックはシースルーなどで作るのもいいですね。チュニックをシースルーで作るのでしたら、もちろん下に着るのはキャミソールがベスト。今は、チュニックにあわせてきることが出来るように、たくさんのキャミソールがあります。チュニックと素敵に着こなせます。

-スポンサードリンク-