×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきびを治す

にきびの治療法は西洋医学では、主に抗生物質の服用、非ステロイド系抗炎症外用剤や抗菌薬クリームの塗布、ケミカルピーリング、ビタミン剤の服用、などがあります。

メニュー| にきびを治す |

にきびを治す

髪再生


にきびを治す


⇒にきび対策の商品一覧へ



にきびを治す方法は西洋医学においては、主に抗生物質の服用、非ステロイド系抗炎症外用剤や抗菌薬クリームの塗布、ケミカルピーリング、ビタミン剤の服用、などがあります。


ちなみに、ケミカルピーリングというのは皮膚の一番外側を、グリコール酸、サトチル酸、トリクロル酸、フェノールなどの薬剤を塗って融解させることによってはがし、新しく皮膚を再生させるというもので、必ず医師との相談が必要です。そして、これらの方法はどれもにきびを完全に治す治療法ではありません。抗生物質などの抗菌薬は、確かににきびの新生は減少しますが、にきびのアクネ菌は皮膚の常在菌ですので、抗生物質でいくら殺菌しても、使用を止めるとまたにきびは発生します。


だからといって長期的に投与を続けると、抗生物質に対して強い耐性菌が出来てしまったり、副作用を引き起こすおそれがあるのでやめた方がよいでしょう。


⇒にきび対策の商品一覧へ


[PR]東京 不用品回収 見積り 今日 泊まれる ホテル 引越し 費用 安くする データファイル 復元ソフト アスクルパンフレット 申込み バンタン ネイル 資料請求 BOOM証券 マニュアル